記事詳細ページ

1.婚活を始めるにあたっての「心構え」

赤い羽根婚活サポート

婚活ひとくちアドバイス 婚活を始めるにあたっての「心構え」

ポイント1
平常心が大切!

 あなたは、いま「まわりの友達がどんどん結婚していくから」とか「親族からのプレッシャーで...」 と結婚に対して焦ってしまっていませんか?

「結婚に失敗したら嫌だ!」とか「ふられるのが怖い」とかの気持ちばかりが先行し、イベントに参加することにも臆病になっているかもしれません。

 また、相手に良く思われようと無理に恰好つけていませんか。でも普段通りのあなたを知ってもらうこと、その上でパートナーとして選んでもらうことがとても大切なのです。
もしかすると、あなたが今求めているのは、日々をゆったりと穏やかな心で過ごせることではないでしょうか?そんな日々をともに歩んでいく相手(パートナー)を無理して見つけることは、どこか違うように感じます。緊張も焦りも、はじめての人に会うときには少なからずあるものだと思いますが、そんな時は「緊張しますね〜!」と素直に声に出すこと!いつも通り、普段の自分をさらけ出すことがポイントです。

ポイント2
相手の良い所を見つけられる人になろう!

 いつの間にか相手の粗(あら)ばかり探していることはありませんか?もちろん、欠点の中には誰が見ても許せない性質のものもありますし、相手と話してみて「合わない」と感じればしょうがないことだと思います。

 しかし、相手のルックス、服装のセンスなど第一印象だけで話す前から遠ざけたりはしていないでしょうか。ちょっとイヤな面があるからといって相手のことを全否定しまっては、なかなか前に進めません。

 いくら「この人なら!」と思った相手でも、長くお付き合いをしていけば、多少のすれ違いはあって当然のものです。自分の価値観と「カンペキ」に一致する人はいない、と割り切ることも大切です。
 もしそのお相手と恋愛関係にならなかったとしても、相手の良い所を上手に見つけ、誰に対しても分け隔てなく接することの出来る人はとても魅力的で、周りからみても好印象です。相手の良い所を見つける事を意識してみましょう。

ポイント3
はじめからうまくいく事を期待しすぎないこと。

 まず、はじめにわかっておくこととして「婚活」は簡単なものでは決してありません。年齢が高くなればなるほど厳しくなるのが当たり前です。

 最初から、あまり気負わず、結婚相手というより新して友人を見つけるつもりで取り組んだ方がいいかもしれません。

 また、婚活にはマナーも大事です。仮に、お断りする場合も、連絡を無視したり冷たい態度はやめましょう!素直に「自分の言葉で」気持ちを伝えることが大切です。
 地域柄、出会った相手が、知り合いの友人だったりすることもよくある話です。そんなとき、気まずい関係にならないためにも、相手の気持ちを考えて接していくことを忘れないようにしましょう。

婚活に関する情報は、こちら【やまがた出会いサポートセンター

2018.01.30:[婚活サポート事業]
  • ほほえみカー
  • 支えあって住み続けられる地域を求めて
  • 赤い羽根婚活事業
このページの上へ

社会福祉法人飯豊町社会福祉協議議会

〒999-0604 山形県西置賜郡飯豊町大字椿3642 電話:0238-72-3353

(C)社会福祉法人飯豊町社会福祉協議議会 All right reserved.